読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪あがきブログ。

ママで妻で“働く”女のつれづれ日記。

贈り物ループ。

f:id:minakko0220:20151021030036j:plain


贈り物が苦手だ。


いや、贈るのも贈られるのも大好きなんだけど、
誰かに何かをあげるとなると、変に肩に力を入ってすごくパワーを使うのだ。

ちょうどライフイベントが多い年頃なので贈り物の機会も多く、この苦手なことに頻繁に向き合っている。

例えばこんな具合に・・・

■さがす。
結婚祝いや出産祝いはネットを使うことが多いが、
贈る相手の性別、年齢、趣味、仕事の有無、ブランドか実用性か、花か団子か、トレンドか定番か・・・
考えることがいっぱいある。
どのサイトから選ぶかがまず決まらない。

(旅先のお土産なんかだと、
まず誰にあげるかリストアップが重要だ。
あーこの人にあげるならあの人もだわ、
あれ?帰ってすぐ会うあの人にも買うべきか、はたまたいつ会うかわからないあの人には賞味期限に気をつけないと・・・
旅先への移動中はたいていリスト作りに没頭し、旅行中もお土産のことが頭から離れず全部揃えるまで落ち着かない。
旅してるのかお土産買いに来てるのかたまにわからなくなる。)

■きめる。
いやもうとにかく時間がかかる。
やっと買うサイトを決めても、
これじゃセンスを疑われるんじゃないか?奇をてらい過ぎか?あーでもありがちなものでも能がないし・・値段は?安いとケチだと思われるかもしれないし、高すぎても気を遣わせるかも。てかこのブランド知ってるかな?知らなきゃ良さが伝わらないかも。そもそも使ってくれるかな、いやもしかしたらもう持っててかぶるかも・・あ、待てよ他のサイトでセールしてたらどうしよう、ゲゲ送料高いし!ラッピングの柄も気に食わん!あーやっぱこのサイトやめようかな・・・
ブツブツポチポチ・・・

PCのタブが開く開く。
タイトルが重なっちゃってもう何を検索してたんだかわかんなくなって、
一つ購入完了するまでだいたい1時間はかかる。
贈り物選びで寝不足になることもザラです。
自分の買い物なんてせいぜい10分なのに・・
大仕事だよもう。
(そういや昔、友達の誕生日にまな板を贈って怒られたな。いや私はすごく考えたんだよ、考え過ぎて何か間違ったんだよね、ごめんよYちゃん。)

しかし、戦いはここで終わらない。


■わたす。
最後の難関だ。
悩んで悩んで買った贈り物を渡さなくてはいけない。
さりげなく、しかし簡潔に贈り物のポイントも伝えたい。

いつ差し出す?会ってすぐ?乾杯の直後か、はたまた最後?みんなは持って来てるかな?私だけだったら抜け駆けみたいにならないか?いや逆にみんなはもっとすごい贈り物用意してて見劣りするかも。あ、なんて言って渡そう?「つまらないものだけど」いやつまらなくないだろ、あんなに悩んで買ったんだ、つーかつまらないものなら買うなよって感じだ。「これすごく美味しいから良かったら〜」はどうかな、いやまてよそんなに美味しかったっけ、ハードル上げやしないか?「これちょっとしたものだけどお祝いにと思って」うん、このくらいが控えめで良いかも。
あれ、今ちょっと話が落ち着いてる、渡すなら今か?てか早く渡して解放されたいよ・・
ええぃ、今だっ!もうさっさと渡しちゃえ!

私「こ、これちょっとしたものだけど・・・」
一同『(えっ?!今っ??)』

かくして謎のタイミングで贈り物を差し出す私。全然さりげなくない!もっとクールにさらっと渡す予定だったのに・・
クールに渡す?
思えばそんなこと今までできた試しがない・・
チーン。


贈り物にこんなに神経使うの私だけでしょうか。
500円のお土産でも一万円のお祝いでも同じこと。
もう何回贈ったかわからないくらい何度もやっているのに、慣れるということがない。

贈られた人は私の苦労(?)を知らないんだろうな。悩んだ挙句、ド定番の品をあげることも多いし。
贈り物と一緒に、
“実は私こんなに悩んで選びました”
というドキュメンタリー動画でも作って渡したい。いやでも恩着せがましいか?(←また悩んでる)


そして渡してスッキリしたのも束の間、
贈った相手からお返しを頂いちゃったりして、また振り出しに戻るわけで。笑。


あぁ贈り物の道は修羅の道。
でもやっぱりあの人の喜ぶ顔が見たいから、今日も戦うのでございます。
日々是精進。