読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪あがきブログ。

ママで妻で“働く”女のつれづれ日記。

モニモニくん。

f:id:minakko0220:20160701101811j:plain


次男が一歳になりました。


大小の丸を組み合わせると描けるような、まぁるいフォルムで、
最近はモニモニくんと呼んでいる。

よく笑い、
よく食べ、
鼻くそがやたら立派で、
兄ちゃんが大好きで、
潰されても叩かれてもおもちゃを貸してもらえなくても、
あんまり泣かない。
放って置くと、一人で黙々と人形をいじったり絵本を食べたりしている。

典型的なザ・次男。
それがモニモニくんだ。

わかりやすい美男子ではないかもしれないが、
いつか綾野剛に化けるような気がしている。
愛敬があってかわいいやつ。

そう、かわいいのだ。

“二人目はただただかわいいよぉ〜”
と先輩方に言われていた意味が今よくわかる。
長男の時にあったいろんな感情はサラサラとろ過されて、
次男に対しては
「ほぇ〜、かわいいのぉ〜(←鼻の下びろーん)」
という単純な気持ちだけが残るのだ。

第一子というのは
お腹の中にいる時から、
母親の不安や期待や緊張や愛情やストレスを一身に受けて
いろんなものを背負って産まれてくるから、
ナイーブになりがちなんじゃないかな。

うちの場合、
長男が悩まされた肌荒れ、偏食、体質、睡眠トラブルなどなど
次男には今のところ一切ない。
こうまで違うのかと驚くほどに。
いかに私が何も考えずに次男を育てているかを全身で教えてくれている…

モニモニ君は
実にたくましく育って一歳を迎えました。
おめでとう
ありがとう



一歳までの365日は彼の人生で一番成長した一年。
産まれて数ヶ月の頃、90歳のひいおばあちゃんに会った時、
「あぁこの子はあと200倍くらい生きないとひいおばあちゃんに追いつけないんだなぁ」
としみじみ思った。
でも今はもう90倍で追いつける。

親に追いつくには約30倍。
そしてそれは20倍になり10倍になり、そのうち2倍になり、やがて親はいなくなりその差は限りなく0に近づいていく。

あたり前のことなんだけど。
数字上の話を超えて、中身もだんだん親に追いついていって、長い長い時間をかけて理解できるようになるのかなぁ、と。

その受け継がれる時間の神秘に参加できていることに、幸せを感じて、感謝したい。


まぁとにかくね、
うちの長男くんとモニモニくんは最高なのですよ。

親歴ももうすぐ5年目に突入。
親バカ上等!